演習課題

参考サイト
2002年度秋学期 木曜日3時限
(福井弘道教授)
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)
不動産D
経済学研究科後期博士課程
鷲崎 俊太郎

ポンテ・ヴィッキオ
(@Firenze, Aug, 2, 2002)

演習課題

課題内容
10 3 第1回講義課題:演習課題に必要なデータベース・データソースを収集する
11 7 第1回ベクター課題:1990年代における東京23区の単身世帯比率
11 30 第2回講義課題:市町村におけるGIS導入のコスト感覚と今後期待される基盤的データの作成
12 1 第2回ベクター課題:GIS分析の研究史 ―L. Siebertの20世紀東京における空間分析をもとにして―
12 12 第1回ラスター課題:公共公益施設用地の宅地化 ―高度成長期とバブル経済期の比較において―
12 26 第2回ラスター課題:東京23区における緑地率と緑被率の相違について
1 22 最終課題:Geo-Infomaticsの史的研究への応用 
       ―幕末・維新期の江戸・東京における寄留人口の空間的分布と人宿の最適立地―

参考サイト

 自分で検索してみたサイト
 村山祐司教授(筑波大学地球科学系)のホームページ
サイト内に、「歴史統計インターネットGIS」があります。
 Great Britain Historical GIS Project
1990年代後半より、Dr. Ian Gregory (University of Portsmouth, UK)が中心となってGISを歴史地理学に導入しているプロジェクトです。
 SSHA Historical Geography Network
Social Science History AssociationにおけるHistorical Geography部会のお知らせです。
 授業中にご教授下さったサイト
 福井弘道研究室
 国土交通省
国土計画局 GISホームページ
 ESRI Japan
 Open GIS Consortium, Inc.
 国土地理院
GIS・最新情報
地理情報クリアリングハウス・ゲートウェイ
 横浜市
統計でみる横浜
 東京大学空間情報科学研究センター
てくてくGIS
 世界地図を作ろう
 WebGIS.net®
  GISSchool
CSVアドレスマッチングサービス
 日本地図センター


ドォーモから見たヴィッキオ宮とポンテ・ヴィッキオ
(@Firenze, Aug, 3, 2002)

ホーム